正しい洗顔方法

洗顔料の口コミ

洗顔方法を間違っていると、肌荒れやニキビの原因となるので注意が必要です。

洗顔料TOP > 洗顔方法

洗顔方法を見直そう

スキンケアの第1ステップである洗顔は、肌のお手入れの基本であり、特に重要なステップです。

洗顔がおろそかになると、毛穴の汚れが取れず、肌トラブルの原因になってしまうのはもちろん、その後に使う化粧水や美容液の浸透率も悪くなってしまいます。

そのため、洗顔はメイクの有無にかかわらず、毎日朝晩しっかり行うよう心がけましょう。

ただ、洗顔方法そのものが誤っていると、かえって肌を傷つけたり、ニキビや肌荒れの原因になってしまうことがあります。

毎日洗顔しているのになぜか肌トラブルが絶えないという方は、一度自分の洗顔方法を見直してみることをおすすめします。

正しい洗顔方法

1.下準備

洗顔をする前に、まず下準備として両手をしっかり洗います

手は思った以上に汚れているので、そのまま洗顔すると、顔に雑菌などがついてニキビや肌荒れのもとになってしまいます。

また、髪が顔にかかっていると、洗い残しの原因となりますので、ヘアバンドで髪をしっかり上げてから洗顔を始めるようにしましょう。

2.すすぎ1回目

下準備を終えたら、ぬるま湯で顔を4~5回ほど素洗いします。

ぬるま湯の温度は34~36℃程度が適温で、毛穴を適度に開かせ、汚れを落としやすい状態にします。

ちなみに、37℃以上のお湯で洗うと肌を守る皮脂まで洗い流されてしまい、つっぱり感や乾燥の原因となるので要注意です。

3.泡立て

洗顔料を適量手に取り、少量の水を加えてよく泡立てます。

キメの細かい泡ほど汚れをきれいに落とすことができるので、念入りに泡立てることが大切です。

もし上手に泡立てられない場合は、泡立てネットを使うと簡単かつ短時間で,モコモコの泡を作ることができます。

4.洗顔

泡ができたら、顔の中心から外側に向けて、円を描くように洗っていきます。

このとき、力を入れてごしごしこすったり、爪を立ててしまったりすると、肌を傷つける原因となってしまいます。

キメ細かい泡であれば、さほど力を入れなくてもきちんと汚れを落とすことができるので、やさしくマッサージするような感覚で洗顔することが大切です。

特にTゾーンは皮脂の分泌量が多いので、他の部分より念入りに洗うようにしましょう。

洗顔時間に特に決まりはありませんが、あまり長く洗っていると大事な皮脂まで落ちてしまうので、10~15秒くらいを目安にするとよいでしょう。

5.すすぎ2回目

まんべんなく洗ったら、ぬるま湯できれいに洗い流します。

すすぎの水は洗面器にためるのではなく、清潔な流水で洗うのが基本です。

また、入浴中に洗顔する場合、シャワーで一気に洗い流してしまいたいところですが、シャワーの水圧は思った以上に強く、肌に刺激を与えるのでやめた方がよいでしょう。

洗顔時間の目安は10~15秒程度と述べましたが、すすぎはそれ以上の時間をかけて念入りに行い、洗い残しがないよう注意することが大切です。

特に生え際やフェイスラインはすすぎ残しが多いので、すすぎ後に鏡でよくチェックしましょう。

長寿の里/よか石けん公式

天然のモチ泡が汚れをキャッチ! 販売数1300万個突破の潤い洗顔石けん
www.chojyu.com

《公式》草花木果のスキンケア

あなたの肌悩みにきっと合う! リニューアル特別価格1680円。送料無料
www.sokamocka.com

豆腐の盛田屋/公式サイト

TVやCMで大人気!自然派豆乳スキンケア お得に購入・おためしセットはこちら
www.tofu-moritaya.com

ページ先頭へ戻る

洗顔料の口コミランキング※おすすめはコレ!

Copyright (C) 洗顔料の口コミランキング※おすすめはコレ! All Rights Reserved.